ジャンク Tamron 90mm f2.8 Macro(172E)

等倍で撮れるマクロレンズは初めてかもビクンビクン

DSC_9000_RNIKON D750 (62mm, f/2.8, 1/125 sec, ISO12800)

DSC_9008_R
とりあえず前玉が曇ってたのでバラしてフキフキ・・・したけどコートが剥がれかけてるのかなんなのか良く分からない白っぽさが残ったり。

 

DSC_9081_RNIKON D750 (90mm, f/3.8, 1/100 sec, ISO1600)

DSC_9101_RNIKON D750 (90mm, f/5.6, 1/320 sec, ISO12800)

DSC_9106_RNIKON D750 (90mm, f/3.8, 1/320 sec, ISO7200)

DSC_9113_RNIKON D750 (90mm, f/8, 1/320 sec, ISO4500)

DSC_9165_RNIKON D750 (90mm, f/3.8, 1/1000 sec, ISO400)

こういうのは「はえーいいボケだなぁ」なんて思うんですが

DSC_9233_RNIKON D750 (90mm, f/4, 1/100 sec, ISO250)

コートが剥がれかけてるからなのか、旧式の172Eって型式だからなのか微妙なところですが、
やっぱり逆光は大苦手みたいで上の写真みたいに盛大なフレアが。ここまで逆光だとこんなもんな気もするけど。
ネットで調べてみるとTamronの90mmマクロは初代が開発されてから36年の歴史があるけれども
参考URLタムロン公式ページ
「  9  0  m  m  マ  ク  ロ  伝  説  」
https://www.tamron.co.jp/lineup/272e/legend.html
レンズ構成は現在最新型式のF004までずっと同じらしい。
1世代前の272Eでデジタルカメラ用のコーティングやってみました。
最新のは手振れ補正まで付いてんだぜ!!????あ?だそうです。
んなわけでお金が無い俺が買ったのはさらに1世代前の172E
さらにジャンクで倍率ドン!

AFもちゃんと動くしいいんじゃないかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です